問い合わせフォーム   ご利用案内   注文履歴・マイアカウント   お気に入り   お買い物かごを確認する
新着商品 活性装置(水・空気) ビダシリーズ(石鹸・クリーム・オイル) 生きてる酵素水 調味料・歯磨き・皮・小冊子 商品一覧
会員の方はこちら


トップページ > 皮・調味料・ハミガキ・小冊子他 > ほうろく菜種油

ほうろく菜種油 ≪伝承≫ 460g

前の商品 商品画像拡大表示 次の商品


ほうろく菜種油 ≪伝承≫ 460g

商品番号  :
D060
販売価格  :
¥2,376(税込)
 (送料別・手数料別)
ポイント数  :
110 ポイント
製造会社  :
株式会社 ほうろく屋
生産地  :
愛知県西尾市
購入数  :
 本




電話・faxでのご注文




詳細説明



ほうろく菜種油 《伝承》 内容量460g



ほうろく菜種油は、愛知県三河産の天日干し菜種を原料とし、
オリジナル設計のほうろく釜と薪火による
低温焙煎・圧搾一番絞り・湯洗い精製なしで作り上げた古式製法です。

一般市販の菜種油は、外国産菜種を原料にし、
近代製法による超高温焙煎・超高圧絞り、有機溶剤による精製です。

さらに遺伝子組替え菜種、脱臭後のトランス脂肪酸等の問題を抱えています。
ほうろく菜種油は、エルシン酸を含有しない品種を使用し、
成分検査を行って安全性を確認しております。



ほうろく菜種油


ほうろく菜種油

油の色と味を際立たせるため、天日干しをし太陽の恵みを浴びせます。

ほうろく菜種油

唐箕がけで丁寧に良質な種を選別。

ほうろく菜種油

大型のほうろく釜に薪で火をくべて、じっくり時間をかけ丁寧に焙煎します。

ほうろく菜種油

日本に2〜3台しかないと言われる希少な搾油機『ダブルエキスペラー』で手間暇かけて圧搾。

ほうろく菜種油

絞った油は薪火で火入れをした後、約2週間静置することで、自重だけの沈殿・濾過を行います。

ほうろく菜種油




引き継ぐべき伝統。


ほうろく菜種油は丁寧にゆっくり薪焙煎で加熱し、
熱の入り具合を一粒ずつコテでつぶして確認します。
その温度は修行と経験で培った五感で判断します。

この焙煎温度で油を絞るためには、適正な乾燥状態と
良質な菜種のみを選別する必要があります。
そのため私たちは地域の生産者から届いた菜種の適度な
天日干しと、昔ながらのとうみによる風圧選別を怠りません。

その結果、通常の焙煎では考えられない
低温での焙煎・搾油が可能になるのです。

この方法は菜種に含まれる油分の変質を抑え、
また菜種の微細な焦げカスを出さないことで、
湯洗い、過熱処理、強制濾過を最小限に抑える事ができます。

つまりそれが、酸化に強く、
油の栄養価と旨味を最大限残すための重要な工程であり、
まさに昔ながらの製法を守りぬいていると言える所以なのです。

とうみ・・・風圧でゴミや埃を取除き、良質な種を選別する機械。



酸化に強い理由。


これらの初期工程を忠実に引き継ぐことで
搾油後の湯洗い工程を必要としない、
澄んだ菜種油が出来上がります。

その後薪火で加熱し、
水分を飛ばすと同時に菜種の香ばしさと
コシの強さを引き出して完成します。

この伝統製法は、
近代の酸化によって捨てる油とは正反対の価値
「捨てない油、使い切る油」を実現させるのです。


新たな価値の創造。


私たちは、良い油を適切に選び、適量を摂ることこそ、
現代において最もふさわしい
食用油との向き合い方だと考えています。

避けるのではなく、選ぶに値する良品を作る事。
それこそ、豊かな社会の基本だと考えています。


「ほうろく菜種油 篠島のしらす 虹色ベビーリーフ」伊路波いちばnews 2016年9月23日





| ショップの運営者について | ご利用案内 | 特定商取引法に関する表示 | 個人情報保護ポリシー | お客様センター | 問い合わせフォーム |    
Copyright (c) YAMAZEN Co.Ltd., All Rights Reserved.